2016-17チャンピオンチームのウォリアーズは

NBA2017のドラフトでは指名権が無く

全く関係の無い物と思っていたのですが

2順目38位でブルズが指名したオレゴン大の

ジョーダン・ベルを金銭とのトレードで交渉権を獲得!

ドラフト候補の選手は

紹介動画がアップされているので

ジョーダン・ベルで検索したら、やっぱりあった!

ドラフトのスカウティング用動画みたいですね。

これは、消されることは無さそう。

ハイライト動画だと思うので

毎回、こういったプレイが出来るのかは微妙ですが

P&Rでガードを守ることになっても

ドライブにもしっかりと付いていって

ブロック or シュートチェックで守っていて

パスを先読みしたスティールも目立っています。

オフェンス面では、単独で得点するのではなく

P&Rからパスを受けての得点や

ガード陣が中に切り込んでから合わせのプレイだったり

スモールラインナップを組んだ時の

ウォリアーズにぴったりとはまりそう。

3Pも打てるみたいだし、トレンディですね。

去年のパトリック・マッカウもそうですが

ウォリアーズは、しっかりと自分達のチームに適した

バスケIQの高い選手を獲得していて

フロント陣のスカウティング力がすごいです...

ジョーダン・ベル、サマーリーグで結果を残して

ロスター枠を勝ち取って欲しいですねー。